目のつくところにいぼができてしまったら|すぐに治療を受けよう

ウイルス感染が原因のもの

看護師と男性

効果的な治療方法

いぼとは正式には尋常性疣贅といいます。ウイルスからの感染で、顔や首元、足の裏や指などにできやすく見た目は皮膚が小さな突起でざらざらしていたり、角質に入る血管が黒くプツプツとみえたりします。ウイルス性のものは感染症で自然に治ることもありますが、増殖したり他の人にうつしたりしてしまうことがあります。経過が長くなるほど皮膚のより深部に芯が成長していき難治化します。そのため素早く適切な治療を行うのがお勧めです。いぼの構造は肉芽腫とその奥にあるウイルス感染細胞です。よく、たこや魚の目と間違えやすいのですが、魚の目は固いプラスチック上の芯のみで形成されています。見た目ではっきりしない場合は、皮膚科に行って角質を除去してから細胞診で判断します。また、いぼは表皮のみの病変なので、術後に傷跡が残る療法は好ましくありません。特に女性の場合、美容に関することなので見た目がコンプレックスにつながることがあります。ウイルス性治療には整形手術のように切除・除去・レーザー治療と様々な方法がありますが、現在用いられている主な治療はインターフェロン活性療法、湿布、副作用の少ない漢方内服などです。これらの治療は、免疫による個人差があります。傷後を残さず副作用のない治療で一般的によく使われるのがいぼ液体窒素療法です。いぼの芯は時間が経つにつれ皮膚に浸透して成長していき深くなります。そのため一度に治そうとすると痛みが強くなるため、数回通います。まず大きい箇所のみある程度削ってから施術します。本体の肉芽腫とさらに奥にある感染細胞を除去するのが本来の目標です。大きないぼに液体窒素を当てると免疫反応でまわりのいぼも自然に治ることがあります。治療時はいぼを真上に向けしっかり奥まで凍結を行います。2回目以降は黒ずんだ皮膚を削ってさらに残りを芯に向けて凍結していきます。凍結させるとその部分は白く色が変色します。残った芯がどのくらいか自分でも確認することが大事です。施術が終わると皮膚は小さな凍傷になり、当日はシャワー程度の入浴にします。抗生剤軟膏を患部に塗ってガーゼなどで保護して激しい運動や家事は控えましょう。一日くらい軽い痛みを感じますが、数日で瘡蓋になり薄い血豆が出来ます。実際の治療は患部に綿棒を当て凍らせて行い、効果があると黒いかさぶたになります。通常は一週間おきに通院して、壊死したいぼを削って小さくしていきます。更に奥にある芯が摂れるまで凍結療法を繰り返します。個人差がありますが平均3、4回程度です。芯が取れると元の平らで綺麗な皮膚の色になります。出来てしまったいぼを放置した場合、皮膚の毛穴奥に入っていき芯が深くなります。また、つい患部を触ってしまい表皮細胞の水疱から感染していき、周りに拡大したり大きくなって難治性になることがあります。手足などの露出部に出来ると歩行や日常生活が困難になることもあります。稀に自然治癒する場合もありますがすぐに治療できない場合は出来るだけ触らず、薬なども塗らずそっとしておく選択も必要です。いぼの治療は病院でも可能ですが、美容クリニックであれば除去以外にも肌を美しくすることができます。いぼは初期のものほど治しやすいので、早めに受診しましょう。

TOP