目のつくところにいぼができてしまったら|すぐに治療を受けよう

悩まずにすぐに診てもらう

カウンセリング

事前に知っておきたいこと

体のいろいろな箇所にできることのある「いぼ」などは、何かしらの異常が起こっていることは間違いありません。しかし、安易に放置してしまうことがよくあります。初期状態として最初は気にならないくらい小さなものになっているため、いつの間にかできていたという人も多いのではないでしょうか。しかし、ウイルス性のいぼの場合、痛みなどがないからといって、そのまま放っておくことができない場合もあります。もし、いぼができて診てもらいたいと考えているならば、そのまま放っておかずにまずは美容外科や皮膚科を受診することが先決となります。受診する場合には、前もってどのようなクリニックなのかを事前に知っておくと、トラブルなどにもならなくてすむでしょう。治療内容や費用、医師の実績などをあらかじめチェックしておくとよいです。何よりも費用面というのは一番気になるところですし、診てもらった後に治療内容について納得できなかった場合に、そのまま放置してしまうひとも少なくありません。そして、美容外科やクリニックなどの評判をきちんと確認しておくことも重要です。医師や看護師がしっかりと話を聞いてくれるのか、患者が納得していないのに治療を進めるようなことはないか、なども確認しておきましょう。また、アフターケアをきちんと行なってくれるところを選択するべきです。また、このようなクリニックの情報だけでなく、いぼについての正しい知識も把握しておくとよいでしょう。いぼは基本的に加齢によるものと、ウイルス感染によるものに分けることが出来ます。そして、加齢によってできるいぼは60歳以上の場合では8割います。しかし、初期の段階では、あまり大きくならないことから何もしないという人が多いです。しかし、いぼが大きくなったり、増えたりする前に治療をすることが大事です。また、いぼの治療法には、レーザーや切除手術、電気治療などがあります。痛みに弱いという場合には、局部麻酔をかけてくれるので、痛みに関する心配もしなくてよいでしょう。そして、実際にいぼの治療を受けて、いぼがなくなった場合でも再発をしないように予防をする必要があります。いぼは免疫力が下がっているときに再発をしやすいと言われています。なので、健康的な生活を送るように意識をしましょう。また、加齢によるいぼの場合だと乾燥や紫外線、摩擦が原因になっていることが多いです。なので、乾燥対策や紫外線対策をしっかりと行なったり、刺激を与えないようにしたりと意識しましょう。食生活の面では、糖化を引き起こす糖分の摂取を控えるようにするべきです。そして、新陳代謝を活発化させるハト麦茶を摂取するのも効果的です。また、優良な美容外科や皮膚科であれば、再発防止方法についてもきちんと教えてくれるので、医師に尋ねてみましょう。そして、再発が気になった場合には、早めに病院へ足を運ぶことをお勧めします。早めに再発の相談をすることで、ハト麦を原料にした漢方薬であるヨクイニンを処方箋として出してもらえることがあるからです。これらのことを踏まえても、クリニック選びは重要だということが分かります。

TOP